法人デビットカードを作る時に予め押さえておきたいこと

審査のために必要な手続きの仕方を確認しよう

法人デビットカードは、様々な理由ですぐにクレジットカードを作れなかったり、年会費や月回避の負担を軽減したりするうえで役立つアイテムとなっています。こうしたカードを作成するための必要な手続きについてはカード会社や銀行によって違いがあります。そこで、早いうちから法人デビットカードに関する資料に目を通して、会社の事業内容に合うカードの特徴についてよく調べることがおすすめです。最近では、銀行によって店頭だけでなくネット上で法人デビットカードの作成手続きを全て完了することも可能です。また、手続きの際に事業計画書や収支報告書といった最小限の書類の提出をすればよい銀行も多く、様々な立場の会社経営者にとって身近なものとなっています。

カードの発行や維持にかかる費用についても把握しよう

法人デビットカードの発行や維持にかかる費用については、各銀行の法人向けのウェブサイトやパンフレットなどに詳しく記載されていることがあります。そこで、カード発行後の経済的な面の負担をなるべく少なくするうえで、早いうちからコストパフォーマンスが良い法人デビットカードをピックアップするのがおすすめです。大手の銀行の中には、新しく法人デビットカードの発行を希望する場合に、月回避や年会費を無料にしたり、決済時の手数料の割引をしたりするところもあります。その他、法人デビットカードの利用者に対する特典を用意している銀行もあるため、時間を掛けて使い勝手が良いカードを見極めることが大切です。

法人のデビットカードは、普通預金口座を持つ法人・個人事業主が預金の範囲内で即時決済できるカードです。